NOMCRAFT STORY

Nomcraft brewingが始まるきっかけは、アダムとベンという二人のアメリカ人の”思い”からでした。彼らが日本に住んでいる時、とにかく自分たちの大好きなビールを日本でできた友達にシェアすることに夢中になっていました。

そしていつしか「自分たちで好きなビールを醸造して、たくさんの人々に喜んでもらいたい」という”思い”となり、二人はその時ここ日本でブリュワリーをやろうと決心したのです。

それから、二人は故郷のポートランドとシカゴに戻り醸造勉強の日々を送りました。その過程で、日本のどこでブリュワリーをやろうかと頭を巡らせていた時に、いつしか出会った有田川町の人たちのことを思い出しました。

有田川町のことを調べれば調べるほどビール造りに適した土地だと分かり、すぐに町の人と連絡を取り始めました。何回ものSkypeミーティングしたのち意気投合し、「クラフトビールでまちづくり」という大きな夢を掲げたプロジェクトがスタートしたのです。

僕たちは、今盛り上がりを見せている日本のクラフトビールシーンの一員になれることを誇りに思います。皆さんが僕たちの造るビールをお飲みいただき、少しでも素敵な時間を過ごしていただけますように。

有田川町のまちづくり

僕らは「クラフトビールでまちづくり」という大きなプロジェクトにも挑んでいます。保育所だった建物の一角をリノベーションしNomcraft Brewingを起ち上げた僕たちの隣には、クラフトビール&ハンバーガーのカフェ”Golden River”があります。それからこの夏よりベーカリー、他の教室にはゲストハウスやシェアオフィスなどが入る予定です。

ベン・アダム・タクミのそれぞれが惚れ込んだ有田川町。この小さな町とクラフトビールシティ・ポートランドとの連携によるまちづくりはどのようなものなのか、注目されている保育所リノベーションはどうやって実現したのか、ぜひwebサイトからチェックしてみてください。

ぜひ、有田川町の僕らに会いに来てください!このステキな町の魅力を体感いただき、合わせて僕らの「クラフトビールでまちづくり」が目指すところをお伝えできればうれしいです!


有田川町のまちづくり”Aridagawa2040”の活動について

http: // aridagawa 2040.org/

Our Team

若きビールソムリエ

アダムはシカゴで生まれ育ちました。シカゴといえば、HazyやBarrel Agingといったユニークなビールが発明された地でもあります。Cicerone (ビールのソムリエ)の資格を持っており、品質管理やレシピ作成をしていきます。最近は日本語も上達して日本語で味の表現もしてくれます。

Nomcraft 発起人

ベンは世界のクラフトビールの都と唱われるポートランドで生まれ育ちました。いくつもの醸造所やビアバーで働いた経験があり、ポートランドで爆発的に広まったクラフトビール文化の軌跡を見てきました。醸造アドバイザーとしてビールについての豊富な知識と知恵を兼ね備えています。子供と戯れるのが好きです。

バイタリティ溢れる旅人

タクミは世界中のクラフトビールに魅了され、ポートランドを旅している時に有田川町の人々と運命的な出会いを果たし、このプロジェクトに加わりました。その後オーストラリアでの醸造インターン、岩手県での醸造研修をしました。メインは醸造、その他に保育所のリノベーションとPRを担当しています。好きな旅先はインド北部です。